花 果樹 野菜 栽培 Q&A

花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。 困った、どうしたら?のお役立ち情報を。

 スポンサードリンク

記事一覧

カレープラント 冬

2018-02-16 ハーブ
カレープラントは、耐寒性の強いハーブなので、比較的冬越しは簡単にですただし、霜がおりてしまうと、根と株が傷むので、霜の被害にあわないよう、気を付けて管理する必…

記事を読む

オリーブ 鉢植え栽培のコツ

2018-01-25 果樹ア行
鉢植えで結実させるのは、少し難しいです庭植えでは5m以上にもなるオリーブ、その美しい姿と実を鉢植えで楽しむコツをお伝えします。■オリーブ 鉢植え栽培のコツオリー…

記事を読む

リンゴ 鉢植えのコツ

2018-01-20 果樹ラ行
紅玉は育てやすいですリンゴは本来、落葉高木性の性質を持っているので、7mぐらいまで樹高が生長します。果実は古く4000年前ぐらいからヨーロッパでは栽培されてきたと言…

記事を読む

カレープラント 冬

  •  投稿日:2018-02-16
  •  カテゴリ:ハーブ
curry20plant.jpg
カレープラントは、耐寒性の強いハーブなので、
比較的冬越しは簡単にです


ただし、霜がおりてしまうと、根と株が傷むので、
霜の被害にあわないよう、気を付けて管理する必要があります。


■カレープラントの冬越し

比較的暖かい冬や、暖かい地域の場合は、
落ち葉をかけてあげる程度で冬越しができます。


寒い地域では、強い霜がおりると一晩で株が傷んでしまいます。

1.寒い地域の場合
寒害にあわないためにも、厳しい寒さが予想できる土地では、
秋ごろから、冬越しの準備をはじめます。

秋になったら、カリ分の多い草木灰を施し、
水やりはやや少なめにしていきます。

こう育てることで、葉の中の糖分濃度が高まり根が強くなります。
霜に強い株を、冬前に作り上げておくことが大切です。 


2.切り戻しは?
10月中旬頃になったら、切り戻しを行っておきます。
これもまた、冬越しの準備作業として、とても大切です。

切り戻しは、約5センチ程度を目安とします。
脇芽の上で切り戻し、ある程度新芽が伸びてきた頃に、
本格的な冬を迎えられるようにしましょう。

3.特に寒い地域の場合
厳寒地では、一度、カレープラントを掘り起こして、鉢に植え替えます。
その後、発泡スチロールの箱を用意し、その中へ鉢ごと入れます。 


良く日の当たるところで管理すれば、
冬越しに失敗することは、ほとんどなくなります。

少し暖かくなったら、カレープラントの枯れた枝を切り取り、
今度は枝葉を伸ばせるよう、窒素分の高い肥料を与えます。


Curry plant.jpg
カレープラントの苗


>>カレープラントの育て方|蒸れないよう風通しよく管理
スポンサードリンク

オリーブ 鉢植え栽培のコツ

Olive (6).jpg
鉢植えで結実させるのは、少し難しいです


庭植えでは5m以上にもなるオリーブ、
その美しい姿と実を鉢植えで楽しむコツをお伝えします。


■オリーブ 鉢植え栽培のコツ

オリーブは鉢植えでも育てることができ、
実を収穫することもできます。

鉢植えにすると気候に合わせて移動できるので、
寒冷地で育てることもできます。

1.植え付け時期は?
オリーブの植え付けは、3月〜5月中旬が適しています。
苗が休眠から目覚めて根が活動を始める時期だからです。


この時期になると園芸店でもオリーブの苗をよく見かけるようになります。
良い苗が見つかったら、できるだけ早く鉢に植え替えましょう。


Olive (2).jpg
まずは、苗木選びからスタートです


2.苗木の選び方は?
オリーブは実を付けるまでに4〜5年かかります。

そのため、早く実を収穫したいときには、
3年生以上の大きめの苗を選びましょう。 


品質が確かである苗を求めるには、
信用ある園芸店で苗に品種名が付いている苗を選びましょう。

太い枝がしっかりと伸び、
葉の色が濃く生き生きしているものを選びます。

節間のバランスが整っているか、
根がしっかりと張っているかも確認したいポイントです。

3.鉢に植え付ける方法は?
植えてあるものより2回りほど大きな鉢に、
培養土、鉢底ネットと石を用意します。


鉢底にネットを敷き、鉢底石を2pほど敷き詰めます。
鉢に苗を置いて、土を入れる位置を決め、土を入れます。

ポットから苗を外します。
根が回っている時は少しほぐして先を切ります。

鉢の中央に苗を置き、
上から2pの高さまでしっかりと土を敷き詰めます。
支柱を立て、苗木と紐で8の字に結びます。

たっぷりと水やりをして完了です。


Olive-sasiki (3).JPG
挿し木で苗を増やしておくと安心です


4.栽培管理のコツは?
オリーブの鉢は日当たりが良く風通しの良い場所に置きます。
水切れに注意し、土が乾いたらたっぷりと水をやります。 


3月と6月と10月に鉢のふちに顆粒タイプの肥料を置きます。
肥料は、三要素等量の緩効性化成肥料や有機肥料が良いでしょう。

●品種、剪定、増やし方などより詳しい情報は、
>>オリーブ 鉢植えの育て方
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ

リンゴ 鉢植えのコツ

kogyoku (2).jpg
紅玉は育てやすいです


リンゴは本来、落葉高木性の性質を持っているので、
7mぐらいまで樹高が生長します。

果実は古く4000年前ぐらいから
ヨーロッパでは栽培されてきたと言われています。

リンゴの種類は数千種類と言われ、
形、色、大きさ、肉質、収穫時期などはそれぞれ違います。

また花も実も美しいので、シンボルツリーに仕立てたり、
トレリス仕立てで垣根代わりに利用することも可能です


rinngo hana.jpg
花も楽しめるのが魅力ですね


■リンゴ 鉢植え栽培のコツ

1.リンゴの植えつけ
植えつけ時期は、12月〜3月が適しています。
用土は鹿沼土3、赤玉土3、腐葉土3、川砂1をよく混ぜます。

鉢に仕立てやすいように斜めに植えつけ、
20〜30cmほどの高さで切り戻します。

2.リンゴの栽培管理
置き場所は日当たりがよく、風通しのよい場所に置きます。
水やりは春から夏にかけては毎日与えまず。
冬は土の表面が乾いてから与えます。

肥料は2月、10月、12月ごろと年に3回、玉肥を鉢元に数個置きます。


orin (3).jpg
王林も人気の品種です


3.リンゴの剪定
リンゴの剪定は植えつけた翌年から毎日行います。
主枝は鉢の大きさの3倍ぐらいの高さで切り戻します。
側枝は交互になるよう、不要な枝は切り落とします。

また主幹から出る枝は元から切り詰めます。

花芽から4〜6個の花が咲きます。1花房に1花咲くように
一番早く花が咲いた花を残すようにして摘蕾をします。

1本の枝に5個ぐらいを目安に摘果も忘れないようにします。

実がつくようになったら、1年おきに鉢も替えるようにします。

■わかりやすい育て方
・リンゴの育て方 庭植え|暑さと病害虫対策が大切です
・リンゴの育て方 鉢植え|矮性の台木苗でコンパクトに
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ


管理人=fuji 栽培生活19年♪
栽培に関する悩み、困ったことなど、どうぞご質問ください。
園芸仲間も多いので微力ですがお答えしてまいります。

〒メール
カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • 無料SEO

JRANK人気ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング
@With 人気Webランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
@With 人気Webランキング
ファイブ ブログランキング
アクセスアップ.NET
0574 Web Site Ranking
相互リンク