Olive (6).jpg
鉢植えで結実させるのは、少し難しいです


庭植えでは5m以上にもなるオリーブ、
その美しい姿と実を鉢植えで楽しむコツをお伝えします。


■オリーブ 鉢植え栽培のコツ

オリーブは鉢植えでも育てることができ、
実を収穫することもできます。

鉢植えにすると気候に合わせて移動できるので、
寒冷地で育てることもできます。

1.植え付け時期は?
オリーブの植え付けは、3月〜5月中旬が適しています。
苗が休眠から目覚めて根が活動を始める時期だからです。


この時期になると園芸店でもオリーブの苗をよく見かけるようになります。
良い苗が見つかったら、できるだけ早く鉢に植え替えましょう。


Olive (2).jpg
まずは、苗木選びからスタートです


2.苗木の選び方は?
オリーブは実を付けるまでに4〜5年かかります。

そのため、早く実を収穫したいときには、
3年生以上の大きめの苗を選びましょう。 


品質が確かである苗を求めるには、
信用ある園芸店で苗に品種名が付いている苗を選びましょう。

太い枝がしっかりと伸び、
葉の色が濃く生き生きしているものを選びます。

節間のバランスが整っているか、
根がしっかりと張っているかも確認したいポイントです。

3.鉢に植え付ける方法は?
植えてあるものより2回りほど大きな鉢に、
培養土、鉢底ネットと石を用意します。


鉢底にネットを敷き、鉢底石を2pほど敷き詰めます。
鉢に苗を置いて、土を入れる位置を決め、土を入れます。

ポットから苗を外します。
根が回っている時は少しほぐして先を切ります。

鉢の中央に苗を置き、
上から2pの高さまでしっかりと土を敷き詰めます。
支柱を立て、苗木と紐で8の字に結びます。

たっぷりと水やりをして完了です。


Olive-sasiki (3).JPG
挿し木で苗を増やしておくと安心です


4.栽培管理のコツは?
オリーブの鉢は日当たりが良く風通しの良い場所に置きます。
水切れに注意し、土が乾いたらたっぷりと水をやります。 


3月と6月と10月に鉢のふちに顆粒タイプの肥料を置きます。
肥料は、三要素等量の緩効性化成肥料や有機肥料が良いでしょう。

●品種、剪定、増やし方などより詳しい情報は、
>>オリーブ 鉢植えの育て方
 カテゴリ
 タグ