parsley.jpg
パセリ、無農薬で美味しく育ちますね


パセリを育てていて、どこからどのように収穫すると、
株が傷みにくく長持ちするか、考えたことがありますか?

私は、パセリを摘み過ぎて株を弱らせてしまうので、
調べつつ、収穫方法をご紹介していきます。


parsley2.JPG
この程度だと収穫は早そうです


■パセリ 収穫方法は?

1.収穫の目安
パセリの収穫は、葉が15本以上になった頃からが目安です。

初めの収穫は、ほんの少しの量を収穫するに留めます
順調に生育していけば、いつでも一定の収穫をすることができます。

2.収穫の仕方
パセリの生長のしかたは、苗が小さいうちは生長点が一つで、
そこから、葉を放射線状に広げていきます。

新しい葉は、中心の生長点に生えるので、
生長していくとともに、どんどん外へ外へと広がります。

パセリは、中心より外側になればなるほど、
葉が古くなっていきます。

・古い葉から収穫
収穫するときは、新芽を採らずに、
外側にある成熟した葉から、順番に摘み取っていきます。

・収穫量を加減する
一度に収穫し過ぎると、生育を阻害することもあるので、
大量に収穫せず、収穫量を加減してあげます。

・茎元から切る
収穫は、葉柄を残さずに、根元から切るようにしてください。
また、随時黄色い葉は取り除くようにします。

根元から切るように外側から収穫していくと、見栄えも悪くならず、
常にしっかりと安定した収穫が望めます。

3.収穫の注意点
葉が茂っていて元気な株に花芽ができたら、
摘み取ると、株の寿命を延ばすことができます。

2年草のパセリは、花を咲かせてしまうと種ができ、
その分株が疲れ、終わってしまいますので、
気づいたら花芽を摘んであげます。


parsley (2).jpg
愛らしい花ですが、摘んだほうが株が弱りません


また、収穫し過ぎると株の元気がなくなってしまいます。
さらに、一か所を集中的に収穫するのも株の負担になります。 

株が弱ってしまったように感じる時は、
ある程度、株が育つのを待って、収穫を再開するのが良いようです。

収穫の時に、満遍なく摘み取ることも、株を元気に保つ方法の一つです。

さらにパセリは、株が大きくなると生長点がいくつかに分かれ、
成熟した葉と若い葉が、入り混じって生えるようになります。

このように育ってきたら、
株全体のバランスを見て、収穫していくのが理想のようです。

■本サイトの関連記事
・パセリの育て方|日当たりと風通しの良い所で栽培←地植えです
・パセリのプランター栽培|料理に便利、栄養価満点の野菜♪
 カテゴリ
 タグ