rocket3.jpg
ロケット=ルッコラは、ゴマの香りがして美味です


ロケット(rocket,ルッコラ)は、アブラナ科属の野菜のため、
アブラナ科特有の害虫にやられやすいです。

被害を多く受けるのは、アブラムシ、ヨトウムシ、
キスジノミハムシ、アオムシ、ダイコンハムシなどで、
主においしい葉を食害されます。


■ロケット 害虫対策

ロケットの害虫対策としてまず覚えておきたいのは、
害虫は、風通しや排水性が悪いところで育てているなど、
生育環境が良くない時や、株自体の元気がない時につくことです。

そのため、株を丈夫に育てることが何よりの害虫対策になります。

旺盛に育ったロケットは、少し害虫がついたくらいでは枯れませんし、
多くの害虫にやられることもありません。

少し害虫がつくくらいは、美味しいからだと思い、
とにかく丈夫に育ててあげることが大事です。

1.丈夫な株をつくるために
丈夫な株をつくるために大切なのは、土づくりです。
苦土石灰を1平方メートルあたり100グラム〜250グラム程度まき、
堆肥や腐葉土を20リットル〜40リットルあたり漉き込みます。

肥料は、緩効性肥料がおすすめです。
肥料には、窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)の表記がありますが、
窒素の割合が、リン酸・カリより多いものは使わない方が良いです。

植物の多くは、肥料が少ないよりは、
多すぎるほうが苦手で病気になりやすいです。


rocket2.jpg
ルッコラは栄養価が高い野菜と評判、他の野菜とも合わせやすいです


2.予防のための木酢液
木酢液(もくさくえき)を薄め、
週に1回ほど散布すると、害虫予防になります。

家でも試しましたが、効果が高いです。
株そのものを丈夫にするためにも、とても良いです。

ただし、木酢液のにおいは、嫌いな人も多いかも知れません。
私も木酢液のにおいが少し苦手なので、
近日、あまり利用していません。

3.その他の害虫対策
ロケットにつく害虫によって、その対策方法はさまざまです。
特に注意したいのは、アオムシです。
葉の表だけではなく、裏側も確認して、早めの駆除が必要です。

薬剤は、できるだけ使いたくないものですが、
アオムシにきく薬剤は、ゼンターリ顆粒水和剤などがあります。

また、アブラナ科は連作障害が出やすいため、
連作障害にも気を付けます。

害虫だけではなく、ロケットの病気にも大きく影響します。

>>ロケット(ルッコラ) 育て方|タネまき時期をずらし長期収穫
 カテゴリ
 タグ