Saintpaulia201621.jpg
アフリカ原産の花で、愛らしいです


●栽培データ
学名 Saintpaulia
和名 アフリカスミレ    
開花期 一年中
難易度 普通
用途 鉢植え


セントポーリアの栽培トラブル、第一位は「花が咲かない」ことです。
葉も美しく楽しみたい花ですが、
葉ばかり茂り花が咲かないという例が多いです。


■セントポーリア 咲かない


主な原因は、

・窒素分の多い肥料を与えすぎてしまったこと
・日光に当たる量が少なかったこと
・株に対して鉢が大きすぎたこと

この3点です。


原因を確かめるためにも、花が咲かない時はまず、
鉢から株を抜いて、根の健康状態を調べてみてください。


Saintpaulia201620.jpg
部屋のなかで、やわらかい光を浴びさせ栽培します


1.白い根が下に伸びている
白い根が下に出ている時は、根の健康状態の良い時です。
根の状態が良い時は、鉢土はそのままにして、

鉢土の表面にソフトシリカ・ミリオンなど肥料を、
小さじ一杯ほどふりかけてから、たっぷりの水を与えます。

また、この後で活力栄養剤を与えるのも良いです。

おすすめは、「多花」という商品で、
植物が生き生きとしてくるのが分かります。

多くの園芸愛好家の方々がおすすめする商品でもありますので、
ぜひ、こちらを使ってみてください。
施肥量は、記載通りかやや少なめにして様子をみます。

多花は、ミリオン6、熔成リン肥1、グアノ1を混ぜたもの500グラムに、
オスモコートを小さじ2杯、マグァンプ小さじ2杯を入れた肥料です。
こちらも、土の上にかけたら、たっぷり水を与えてください。


taka2.jpg
【活力剤】多花 500g 600円くらい


セントポーリアは乾燥を嫌い、水分を多く必要としますので、
たっぷりと水を与えたい時は、鉢の底から、
流れるくらいの量を与えるようにすると良いです。

株元の茎が出てしまうこともあるので、
そういった時は用土を足して調節してください。

2.根が黒っぽくなっている
根が黒く、あまり張りが良くない時は、植え替えが必要です。
土を一旦良く落として、一回りほど小さい鉢に、やさしく植え替えます。


セントポーリアを育てる上で用土は非常に大切ですので、
セントポーリア用の土を使ってみるのも良いと思います。

このように管理すれば、徐々に蕾が上がるようになり、花もまた咲くはずです。
 カテゴリ