benigakuyamaajisai.jpg
ヤマアジサイ


アジサイはユキノシタ科の落葉樹で、
梅雨の風物詩として昔から親しまれている花木です。

学名 ハイドランジアはギリシア語のハイドロ(水)と
アンジェイオン(容器)から呼ばれ、「水の容器」という意味です。

原産地は熱帯アジアで、南北アフリカと東アジアに
約40種類分布し、日本には約10種類があります。

アジサイの花には、「装飾花」と「両性花」の2種類がある。
両性花は開花しても目立たないので、多くの人が観賞を楽しんでいる種類は、
大きな花弁(実は萼)をもった装飾花がほとんどです。


yamaajisaiaa.jpg
青がさわやかなヤマアジサイ


アジサイ植え場所は?

1.乾燥が激しい場所を避ける
アジサイは有機質に富んだ肥沃で少し湿気がある土を好みます。
乾燥地や、やせた土地は向いていません。

夏に葉が枯れてしまった大きな原因は乾燥過多です。
日当たりが良い方が花つきは良いのですが、
根元が乾くようでは水分不足です。

アジサイは根があまり深くないため、
晴天が続くと葉がしおれ、ひどい場合では枯れてしまいます。

庭植えで場所を選べる場合は、
半日陰の方がよく育ちます。
特に日本原産のガクアジサイは半日陰を好みます。

2.日なたに植える場合の注意点
アジサイを日なたに植える場合は乾燥しすぎないよう、
植え穴に堆肥を十分にすき込み、保水力を高めます。

植え終わったら株元に厚く敷きわらやビートモスを敷きます。
晴天が続くような時は、水やりをたくさん与えます。

開花時期になったら少し乾かし気味にして、
水やりは控えめにします。
 カテゴリ