itijiku (4).jpg


イチジク(無花果)は西日本広く栽培されている、
クワ科の落葉樹です。
夏に収穫できる品種と秋に収穫できる品種があります。
生産農家が最も栽培している桝井ドーフィンの果実が、
市場によく出回ります。
家庭栽培なら、在来種の蓬莱柿が育てやすいでしょう。


イチジク出ない理由は?

1.気温が低い
イチジクは原産地が温暖な気候であるため、
耐寒性はやや弱いです。

北関東あたりになると、庭植えが厳しい条件になります。
低温に耐えられずに芽も出せず枯れてしまうことがあります。

苗が若いあいだは、マルチングをしたりして寒さから守りましょう。
鉢植えなら冬は風除室や暖房のない室内などに置くとよいです。
栽培をするエリアの環境にふさわしい品種を育てることが、
何よりも安心です。

2.植え付けの時期が悪い
イチジクの苗を植えつけるときは、
寒い季節はさけ3月ころに作業をするとよいでしょう。

暖地では秋に植え付けをしても差支えないですが、
関西以北では春の方が無難です。
日当たりのよく、比較的広い場所が適しています。

鉢植えで育てるときは、
通気性と保水性が良好な用土を用います。

鉢植え栽培のイチジクは、
とくに真夏に水を切らすことのないような管理が必要ですが、
過湿でも根が弱るので気を配りましょう。

3.害虫による食害
イチジクには春から秋にかけて、
害虫がたいへん付きやすくなります。
とくにカミキリムシの防除がポイントになります。

成虫を見つけた場合は直ちに捕殺しましょう。
幹に小さな穴があったり、
イモムシのようなものを見つけたら駆除します。

殺虫剤をつかったり細い棒などで潰すなどして、
被害を出来だけ小さく抑えるようにしましょう。