blackberry (1).jpg
ブラックベリーの実り


ブラックベリーは主に北半球に生育している、
バラ科キイチゴ属の落葉果樹です。
果実は光沢のある黒色をしていますが、
濃い赤色のものもあります。

病気に強く生育がとても活発で、
庭で栽培しても楽しめるベリーです。
つる性のもはデューベリーと呼ばれることもあります。

ボイセンベリーもブラックベリーの仲間です。
熟した果実は生食も可能ですが、ジャムや果実酒などにも最適です。


blackberry 0.jpg
ブラックベリーの花もかわいいです


ブラックベリー庭植え育てるコツ

1.よく日のあたる場所に植える
ブラックベリーは、できるだけ日なたで育てます。
風通しが良好なゆったりした空間を選ぶようにすると理想的です。

植え付けは12月から2月に行うとよいです。
根が浅く乾燥しやすいので、
株元にはバーク堆肥などを敷いておきましょう。

2.つる性の品種の場合
ボイセンベリーやタイベリーなど、
つる性のブラックベリーを植えるときは、
枝を誘引して仕立てます。

フェンスなどを利用して枝を横に伸ばしておくと、
収穫がしやすくなります。

枝は巻きつきにくいので、
ところどころ麻ひもなどで結んで固定しましょう。
スペースがない場合はポール仕立てもおすすめです。

3.立ち性の品種の場合
直立性のブラックベリーは、垣根越しなどに植えてもよいでしょう。
樹勢が強いものはあっという間に背丈を超えてしまったり、
大株に育ちます。

枝が重みで倒れることもあるので、
支柱やロープなどで支えるなどします。

剪定をするときは、樹高を調整するなどの工夫が必要です。
枝がとても太くなるので、剪定ばさみを使い分けるとよいでしょう。