blackberry.jpg
ブラックベリー、実る姿も美しいです


ブラックベリーは寒さと暑さに強くて栽培しやすい落葉果樹です。
つるやシュートの伸びがとても盛んです。

バラ科ということもありとげのあるものも非常に多く、
手入れをするときは、長袖や手袋を着用した方が安心です。
景観を良くして快適な収穫をするための剪定をほどこしましょう。


blackberry (2).jpg
ブラックベリーの花も愛らしい


ブラックベリー剪定方法

1.冬に枝を切り詰める
ブラックベリーの剪定作業によい時期は12月〜2月です。
積雪のある地域では、雪がとけてから早めに行うとよいでしょう。

去年伸びた枝は半分ほどの長さに切り詰め、分枝をうながします。
長すぎるものは、1/3くらい残す程度でもよいでしょう。

枝が地面に垂れ下がった状態を放置すると、
そこから根を下ろして処理が面倒になるので撤去するとよいです。

2.結果枝の更新
ブラックベリーは古くなった枝には、
花芽がつきにくくなっていきます。

木質化して実をつけたあとは枯れます。
このような古い枝幹は、根元から切り取とって整理します。

夏に収穫が終わったら切ってもよいでしょう。
株元から新しい芽が出ていれば残すようにします。

日当たりと風通しが悪くならないように、
混み合ってる部分は間引きするとよいでしょう。

3.シュートなどの整理
ブラックベリーは生育期にシュートや新梢を伸ばします。

シュートがたくさん出ているときは元気のよいものを残し、
余分なものは根元から切り取りましょう。

新しく出てきたものは、翌年に花を付ける枝なので大事に育てます。
シュートは誘引したり、倒れないように支柱を利用しましょう。

株から離れたところからも子株が出てくることがあります。
はびこる前に取り除くなどします。
 カテゴリ