karinhana.jpg
カリンのかわいい花


karin.jpg
カリンの実、良い香りを放ちます、
実がならないときの剪定方法をご紹介します。

カリンは中国が原産の別名安蘭寿、
和木瓜などと言われる、落葉高木です。

バラ科のボケやリンゴなどの仲間で、
樹形や果実に趣を漂わせ家庭園芸向きで人気があります。

カリンの花も美しく、なんといっても芳香のある果実は、
観賞価値に定評があるでしょう。

収穫後ははちみつ漬けや果実酒などにし、
栄養価の高いビタミンやクエン酸などが豊富なので、
健康づくりにも役立てられます。

毎年香り高い実をたくさん楽しむために、
剪定方法のコツをつかみましょう。


カリンつきやすい剪定方法

1.剪定の適期は?
カリンの剪定をするに適した時期は冬です。
1〜2月ころに作業をするようにし、
遅くても3月までには済ませるようにするとよいです。

夏に極端に枝が暴れて伸びすぎた場合のみ、
7月に枝の付け根から5〜6芽ほどのところで、
切ってもよいでしょう。

2.短枝を残す
カリンは、充実した短枝の先の方に花芽を形成します。
剪定作業をするときは、
短枝を切り落とさないように気を配ります。

短枝をさらに増やすためには、徒長枝を切り詰めます。
切る目安として10芽くらい残すか、
枝先から3節を切り落とします。

この他には横方向に伸びた枝も大事にします。
垂直方向に伸びる枝や混み合った部分は付け根から切ります。

全体に日光を浴びられて、
風通しもよい状態になるようにします。

3.鉢植えの剪定は?
カリンを鉢植えで育てている場合は、
樹が大きくなりすぎないような剪定が必要になるでしょう。

初夏に伸びすぎている枝と、
幹付近の混み合った枝を間引きます。
短くて充実した枝は残すようにすると、
花芽を守ることができます。

本格的な作業は、庭植えの剪定と同様に、
落葉した冬に行います。
 カテゴリ