habotan (4).JPG
葉牡丹の寄せ植え、美しい色で花壇づくり楽しめます


葉牡丹(ハボタン)は、名前の通り、
牡丹の花に葉が似ていることから、名付けられた多年草です。

鑑賞時期は、11月上旬頃〜4月下旬頃までと、
比較的長い期間、そして彩りの少ない時期に楽しめるため、
冬の花壇や、鉢の寄せ植え、ハンギングバスケット、
クリスマスの寄せ植え、お正月飾りとして楽しめます。

そんな葉牡丹は実は、キャベツの仲間であるのを、ご存知でしょうか?
夏の間は、キャベツに良く似た緑色になりますが、
寒くなってくると、白、赤が混じり、色の移り変わりが楽しめます。


habotan.jpg
品種によって、色、葉の形がさまざまなのも素敵です


■葉牡丹 美しい色に育てるには?


1.葉牡丹の性質
葉牡丹の葉が色づくのは、寒くなる11月頃からになります。
そのため、入手できるのは10月頃からですが、
寒さに晒さないと、葉は綺麗に色づくことができません。


habotan (2).jpg
緑色になった葉牡丹


2.葉色が緑色になる理由
入手直後に葉牡丹の葉の色が緑色になってしまった、
発色が良くない、色あせた色になってしまった、色づかないといった、
葉に関する栽培の方法に悩むかたが居ます。

これは、寒さに会わしていないからです。
暖かい環境で育ててしまうと、発色が悪くなり、
徐々に緑色に変わっていってしまうのです。

3.綺麗に色づけるために注意したいこと
1度、緑色になってしまった葉牡丹は、再び色づくことができません。
そのため、寒さに晒さなければ、本来の葉牡丹の葉の色味は楽しめません。

葉牡丹は10月頃から入手は出来ますが、11月頃までに、
しっかりと寒さに会う環境でなければ、本来の色鮮やかさを観賞できないです。

温暖な地域にお住まいのかたは、
11月中旬頃、鑑賞のタイミングで購入するのが失敗しないコツです。

4.更に綺麗に色付かせるには?
葉牡丹は、肥料が効いている時よりも、効いていない時の方が、
綺麗に発色することが分かっています。

ですので、10月以降、開花時期となる3月頃までは、
肥料を与えずに育てるのがポイントです。
冬の間に肥料を与えなければ、より綺麗に色づく葉牡丹が楽しめます。
 カテゴリ
 タグ