花 ハ行のカテゴリ記事一覧

花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。 困った、どうしたら?のお役立ち情報を。

 スポンサードリンク

カテゴリ:花 ハ行

花 ハ行のカテゴリ記事一覧。花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。困った、どうしたら?のお役立ち情報を。
パンジーを春まで咲かせるコツは?

2020-12-14 花 ハ行
赤系統のパンジーも華やかでよいですねパンジーはスミレ科の秋まき一年草です。別名を「サンシキスミレ」と呼ばれています。パンジーは春花壇はもちろんのこと、晩秋から…

記事を読む

パンジーが咲かない理由は?

2020-12-06 花 ハ行
水色のパンジーは大人っぽくてステキですパンジーはスミレ、あるいはサンシキスミレから分化されたと考えられています。属名のビオラは基準色が紫であることに由来してい…

記事を読む

ポインセチアの増やし方

2020-12-01 花 ハ行
ポインセチア、挿し木でどんどん増えますポインセチアは真っ赤に色づいた苞葉が特徴的なトウダイグサ科の常緑低木です。クリスマスの季節にあわせて園芸店はもちろんのこ…

記事を読む

ポインセチアの剪定

2020-11-28 花 ハ行
ポインセチアを越冬させたら剪定します■ポインセチアの剪定ポインセチアは、日本では涼しくなってきた秋以降に店頭に並び、その配色からクリスマスの飾りとしても人気で…

記事を読む

ポインセチア 越冬後の育て方は?

2020-11-26 花 ハ行
ポインセチア、越冬できるとうれしいですねポインセチアの葉は薄く、楕円形をしています。花びらのように見えるのは苞葉で、赤い色を観賞して楽しみます。原産地は中央ア…

記事を読む

パンジーを春まで咲かせるコツは?

Pansy (1).jpg
赤系統のパンジーも華やかでよいですね


パンジーはスミレ科の秋まき一年草です。
別名を「サンシキスミレ」と呼ばれています。

パンジーは春花壇はもちろんのこと、
晩秋から冬の季節もお手入れ次第でとぎれることなく、
花を楽しませてくれる植物です。

日本には江戸時代の終わりごろ、
オランダから渡来してきたと言われています。

園芸品種は大変多く花色は、
黄色、紫、赤紫、白、桃色、赤など豊富です。


Pansy (2).jpg
パンジーの黄色は、よく育ちます


■パンジーを春まで咲かせるコツは?

パンジーを春遅くまで咲かせるには、
春が訪れるまで細い根をできるだけ張らせて、
丈夫な株に育てておく準備が大切です。

1.苗を購入する時の注意点
最近では9月の声を聞くと、
開花株が店頭に並ぶようになりました。

これは岩手県や長野県など気候が涼しい場所で、
早い時期にタネをまき促成栽培した株です。

気温が高い平地まで運んでいる間に、
どうしても茎や葉は徒長し、株は元気をなくしてしまいます。

慌てることなく10月に入ってから苗を購入する方が無難です。
全体の大きさよりも節と節がしっかりと詰まった株を選びます。

2、花檀の地こしらえ
冬になる前に根をしっかりと張らせるためには
花壇の地こしらえの準備も必要です。

植え付けをする1週間前にシャベルなどで用土をならします。
堆肥か乾燥した牛ふんをたくさんまき、
花壇の表土深さ10cmぐらいとよく混ぜ合わせます。

元肥として乾燥鶏ふんを加えて混ぜておくと
なお理想的です。

3.追肥と花がら摘み
追肥は月1回のペースで忘れないようにします。

また春になると茎や葉の生長が盛んになるので
伸びすぎた茎や葉は、花がらを摘む時に一緒に取り除きます。

わき芽をふやすように手入れをするのが
花を長期間咲かせるコツのひとつです。

[パンジー] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ

パンジーが咲かない理由は?

Pansy (3).jpg
水色のパンジーは大人っぽくてステキです


パンジーはスミレ、あるいはサンシキスミレから
分化されたと考えられています。
属名のビオラは基準色が紫であることに由来しています。

暑さに弱い性質ですが冬には強いので、
冬から早春にかけての花檀に欠かせない花材のひとつです。

また低木の下に植えると雑草を抑制する効果があるので、
アンダープランツとしてもよく利用されています。

園芸品種は何千種類もあるため色数も豊富で、
花の大きさもバラエティーに富んでいます。


Pansy.jpg
花がらを摘んであげると、もっときれいに咲きそうです


■パンジーの花が咲かない理由は?

パンジーを日当たりの良い場所に置いているのに、
花つきが悪くなることがあります。
その理由と対策をまとめてみました。

1.肥料切れ
パンジーの花つきが悪くなった時に、
最初に確認したいことは、
肥料不足の状態になっていないかです。

パンジーのように休みなく花を咲かせる草花は、
新陳代謝がよいので肥料が足りなくなってしまうケースがよくあります。

鉢物として売られているものは、
元肥は施されている可能性があります。
しかし1ヶ月ぐらいするとその効力も衰えてきまので、
追肥をしてあげましょう。

◎鉢やプランターで育てる場合
用土の量に限りがある鉢やプランターで育てる場合は、
特に肥料不足になりやすい環境です。

元気がよく長く花が咲くようにするには、
化成肥料を5号鉢サイズあたりティースプーンに1杯、
月一回のペースで株元に与えます。

また週一回のペースで水の代わりに、
1000倍に薄めた液体肥料も与えます。

◎庭植えで育てる場合
化成肥料を株と株の間に月一回施します。
肥料切れにならないよう注意が必要です。

2、花がらを摘み取っていない
咲き終わった花がらは、放置しないですぐつけ根から摘み取ります。
タネを結んでしまうとそれだけ株の体力が落ちます。

また花がらを摘むことにより、わき芽が出やすくなります。
わき芽が出れば枝数がふえ、株姿もボリュームが出て花数も増えます。

3、根詰まりしている
パンジーは生長が早いので、
根が育ちすぎ詰まってしまうことがあります。
購入した鉢などは、ひとまわり大きな鉢に植え替えましょう。

[パンジー] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ

ポインセチアの増やし方

poinsettia (6).jpg
ポインセチア、挿し木でどんどん増えます


ポインセチアは真っ赤に色づいた苞葉が特徴的な
トウダイグサ科の常緑低木です。

クリスマスの季節にあわせて
園芸店はもちろんのこと街中を彩る鉢花のひとつです。

しかしもともとがメキシコが原産の熱帯性の植物なので、
日本の冬の気候は厳しく、冬場の管理には注意が必要です。

品種改良も色々されており、苞葉の色がクリーム、白、紫なものや、
苞葉の形が縮れたり、カールしたりするユニークなものも出回ってきました。


■ポインセチアの増やし方

ポインセチアは挿し木で増やすのが、手軽で一般的です。

1.挿し木で増やす方法
挿し木に適した時期は梅雨の季節です。
枝先の部分を7cm〜10cmぐらいの中長さに切り
上の葉は2〜4枚残し、下の葉はすべて取り除いて 挿し穂とします。

切り口から乳白色の樹液がでてきます。
これを放置したままだと発根しにくいので、
きれいに洗い流し、ピートモスを入れた鉢などに挿します。

水はけのよい用土に挿すと約1ヶ月ほどで発根します。
根が出たころに4号〜5号鉢に植え替えます。
8月ごろに一度切り戻し、わき芽を生長させるようにします。

2.種苗登録品種に注意しましょう
ポインセチアの多くの品種は種苗登録品種です。
種苗登録している品種は、種苗法により、
個人で勝手に苗をふやすことは禁じられています。

購入する際、ラベルに「種苗登録品種」と明記されているものは
苗を増やして販売することはできません。
自分の楽しみとしては、問題はないとされています。
 カテゴリ
 タグ

ポインセチアの剪定

poinsettia (2).jpg
ポインセチアを越冬させたら剪定します


■ポインセチアの剪定

ポインセチアは、日本では涼しくなってきた秋以降に店頭に並び、
その配色からクリスマスの飾りとしても人気です。

ただし、本来ポインセチアは寒さに弱く、
日本の冬を戸外で越すことは非常に難しい植物です。

そのため、多年草であるにも関わらず、
一年草として扱われることが多いのです。

室内で管理し、上手に冬越しができたら、
新しい枝を伸ばすために剪定が必要になってきます。

剪定せずにそのままの状態で育てると、
上の方からしか新しい芽が伸びてこず、
株元には葉がなく、スカスカの状態になってしまいます。

次の冬も、前年と同様にこんもりとした株に仕上げるためには、
剪定が必要不可欠な作業になります。

◎剪定時期と方法
時期は、3月〜5月、あるいは8月下旬が適期です。
上部の色づいている葉を含め、三分の一ほどを切るのが基本の剪定です。

株によっては、下葉がすでに枯れてなくなっているものや、
まだまだ下葉が茂っているものなど、状態は様々だと思います。

すでに下葉がなくなっている場合でも、
特に気にせず剪定して大丈夫です。

ポインセチアは芽を出す力が強く、
葉も何もない状態からでも葉を伸ばすので、驚くほどです。


poinsettia.JPG
ポインセチアは、強剪定してもだいじょうぶです


◎強剪定
下から三分の一程度の高さまでなら、
思い切って強めに剪定してもいいでしょう。

強く剪定すると、株がコンパクトになるので、
株をあまり大きくしたくない場合などには、おすすめです。

◎間引き剪定
剪定が終わった後、株を育てている間に、
不要な枝が出てきた場合には、間引き剪定を行います。

ポインセチアは、あの鮮やかな葉色を出すために、
短日処理という作業を必要とします。

短日処理をするまでに、ある程度の葉を伸ばしておく必要があるため、
最低でも短日処理を始める3週間ほど前までには、
間引き剪定をふくむ剪定を終わらせておく必要があります。

短日処理をしない場合でも、しっかりと葉を出して株を充実させるために、
適期のうちに剪定を済ませるようにしておきましょう。

■関連記事
・ポインセチア 越冬後の育て方は?
・ポインセチア 越冬のコツ
・ポインセチアの増やし方
・ポインセチアの短日処理の分かりやすい方法
 カテゴリ
 タグ

ポインセチア 越冬後の育て方は?

poinsettia (5).jpg
ポインセチア、越冬できるとうれしいですね


ポインセチアの葉は薄く、楕円形をしています。
花びらのように見えるのは苞葉で、赤い色を観賞して楽しみます。

原産地は中央アメリカ、主にメキシコです。
クリスマスの時期によく見かける植物ですが、
日本の冬の寒さには大変弱いです。

原産地メキシコでは、「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と
呼ばれるほど、世界的に親しまれている常緑低木の植物です。

園芸品種が増えてきて往年の赤だけではなく、
ピンク、淡いグリーン、斑点色なども最近では出回っています。


tanjitu.JPG
ポインセチア、暑さは大好きです


■ポインセチア 越冬後の育て方は?

1.日当たりのよい戸外に出す
無事に冬越しできたポインセチアの株は、
ゴールデンウィークの時期ごろから日当たりのよい戸外に出します。

気温が高くなってくるとポインセチアはぐんぐん成長します。
そのまま放置しておくと、根が詰まってしまうので植え替えを行います。

2.春の植え替え
鉢から株を抜いたら、根鉢の3分の1ぐらいを崩し、
傷んでいる根を取り除き、新しい用土で植え替えをします。
用土は赤玉土7と腐葉土3の割合が適しています。

植え替えた株は十分に日に当てます。
そのまま放置しておくと、枝が伸びすぎて株姿が乱れます。

3.切り戻し剪定
8月下旬ごろに枝や茎を思い切って短く切り戻します。
この作業を基本にこれから伸び出す枝に花芽がつき、
苞が色づくので、どのような株姿になるかを考えながら切り戻します。

室内に取り込むのは、10月下旬ぐらいの気温になってから行います。
 カテゴリ
 タグ


管理人=fuji 栽培生活19年♪
栽培に関する悩み、困ったことなど、どうぞご質問ください。
園芸仲間も多いので微力ですがお答えしてまいります。

〒メール
カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • 無料SEO

JRANK人気ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング
@With 人気Webランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
@With 人気Webランキング
ファイブ ブログランキング
アクセスアップ.NET
0574 Web Site Ranking
相互リンク