花 カ行のカテゴリ記事一覧

花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。 困った、どうしたら?のお役立ち情報を。

 スポンサードリンク

カテゴリ:花 カ行

花 カ行のカテゴリ記事一覧。花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。困った、どうしたら?のお役立ち情報を。
コスモスを初夏に咲かせるコツ

2013-04-05 花 カ行
コスモス、毎年育てていますコスモスはキク科コスモス属の総称です。ギリシャ語kosmos(美しい、飾り)に由来し、華麗で美しい姿から呼ばれている説があります。秋の風物…

記事を読む

キンギョソウが発芽しない理由

2013-02-27 花 カ行
花屋さんで売られていると育てたくなりますキンジョソウの本来の性質は毎年花を咲かせる多年草です。しかし園芸上は花後に枯れてしまう一年草として扱っています。キンギ…

記事を読む

キンギョソウが咲き続けない理由

2013-02-26 花 カ行
キンギョソウ、ほんとに金魚のようですキンギョソウはゴマノハグサ科の一年草です。別名はアンティリヌム、スナップドラゴンと呼ばれています。属名のアンテリナムは、ギ…

記事を読む

キンギョソウが育たない理由は?

2013-02-23 花 カ行
愛らしい花が魅力ですキンギョソウの原産地は南ヨーロッパ、北アフリカ、そして地中海沿岸に分布しています。耐寒性〜半耐寒性の性質を持っている一年草です。キンギョソ…

記事を読む

クンシランの植えかえのコツ

2012-11-27 花 カ行
クンシラン、植えかえてあげると、とても元気になりますクンシランは漢字で君子蘭と表記しますが、蘭の仲間ではなく、ヒガンバナ科に属します。開花時期は3月〜4月です。…

記事を読む

コスモスを初夏に咲かせるコツ

Cosmos (3).jpg
コスモス、毎年育てています


コスモスはキク科コスモス属の総称です。
ギリシャ語kosmos(美しい、飾り)に由来し、
華麗で美しい姿から呼ばれている説があります。

秋の風物詩のひとつとして秋を感じさせる花のひとつです。
別名は秋桜と呼ばれ、秋の季語としても使われています。

原産地はメキシコの高原地帯です。
日本には明治20年ぐらいに渡来してきました。

本来は短日植物の性質を持っていますが、
6月から咲く早生品種も最近では店頭に並ぶようになりました。


Cosmos (4).jpg
可愛らしい雰囲気もステキです


■コスモスを初夏に咲かせるコツ

1.コスモスは短日植物の性質を持っています
コスモスの元々の性質は日照時間が短くなると、
花芽が分化する短日植物の性質を持っています。

草丈の低い花を咲かせるだけなら、
タネを7月になってからまきます。
苗が成長する前に短日条件に当てはまる秋になります。
ですので比較的小柄な姿のコスモスの花を観賞が可能になります。

しかしこの方法では咲きだすのは秋なので、
初夏に花を咲かせる方法とは違います。


Cosmos (2).jpg
ちょっと大人っぽい感じも漂います


2.新しい品種を試してみる
最近出回るようになった早咲き品種、
センセーション、ベルサイユなどは、
短日条件とは関係がない性質を持っています。

またタネをまいて2ヶ月少しで花が咲くような、
時間をかけずに花を楽しめる早咲き品種も出てきました。

このような早咲き品種を選ぶと4月初めにタネをまいて、
6月か7月ごろにコスモスの花を楽しむことができます。
 カテゴリ
 タグ

キンギョソウが発芽しない理由

Antirrhinum majus (1).jpg
花屋さんで売られていると育てたくなります


キンジョソウの本来の性質は毎年花を咲かせる多年草です。
しかし園芸上は花後に枯れてしまう一年草として扱っています。

キンギョソウの名前の由来は、金魚のひれを広げているような
花の姿から呼ばれている説があります。

英名のsnap-dragonは、口を広げてかみついた
龍の姿に似ているから呼ばれているようです。

花の咲き方は一般的な一重咲きの他に、八重咲き、
ペンステモン(ベル)咲きがあります。


Antirrhinum majus (2).jpg
現在、いろいろな品種があります


■キンギョソウが発芽しない理由

1.タネまき適期にあわなかった
キンギョソウのタネまきは、一般的な品種で9月〜10月上旬、
四季咲きの矮性種は春先の3月〜4月に行います。

発芽するのに適した温度は15℃〜20℃です。
夜の温度が20℃以上になると発芽率は悪くなります。
ですから、春、秋ともに気温に気遣ってタネをまきましょう。


Antirrhinum majus (3).jpg
イエロー系は、育てやすい感じがします


2.タネのまき方に問題が?
タネをまいたあと、土をかぶせるのもよくありません。
理由はタネがたいへん細く、光を大変好む性質を持っているからです。
ビートバンなどにタネをまき、土はかぶせないようにします。

本葉が4枚ぐらいまで育ったら、元気な苗を一本残し間引きます。
苗が伸びすぎた場合は、摘芯を行い、
わき枝を伸ばすように管理すると花も多く咲きます。
 カテゴリ
 タグ

キンギョソウが咲き続けない理由

Antirrhinum majus (3).jpg
キンギョソウ、ほんとに金魚のようです


キンギョソウはゴマノハグサ科の一年草です。
別名はアンティリヌム、スナップドラゴンと呼ばれています。

属名のアンテリナムは、ギリシャ語anti(〜のような)と
rhinosu(鼻)から成り立った言葉です。

和名も花の形が泳ぐ金魚の形に似ているところから
呼ばれている由来があります。

花色は黄色、ピンク、白、赤など色彩豊富で、
矮性種や八重咲き品種などバラエティーに富んでいます。


Antirrhinum majus (4).jpg
白もガーデンにあいます


■キンギョソウが咲き続けない理由

1.品種によって花の咲く期間が違います
キンギョソウの品種には大きく分けて、
露地用高性種、露地用中性種、
切り花に多い温室用促成品種、矮性種などがあります。

高性種や中性種は秋にまき、4月〜6月に花が咲きます。 
矮性種の多くはよく枝が分かれ、四季咲きが多いので、
春から秋にかけて長期間花を楽しむことができます。

6月で花が終わってしまったのは、
高性種か中性種のキンギョソウだった可能性が高いです。

ご近所が秋まで咲いていた品種より、
花穂が長くありませんでしたか?

2.長期間花を楽しむには矮性種を選びます
花壇でキンギョソウを楽しむ場合、
見栄えがいいのは花穂が長い高性種や中性種です。

しかし、長期間花を楽しみたい場合は矮性種を選びましょう。
ただし、咲き終わった花穂は放置せずに、
タネを結ばないようその都度切り取る管理を行います。
 カテゴリ
 タグ

キンギョソウが育たない理由は?

Antirrhinum majus (2).jpg
愛らしい花が魅力です


キンギョソウの原産地は南ヨーロッパ、北アフリカ、
そして地中海沿岸に分布しています。
耐寒性〜半耐寒性の性質を持っている一年草です。

キンギョソウは水はけがよく、日当たりのよい場所を好み、
酸性土は嫌います。

茎をまっすぐに伸ばし、先にたくさんの花を咲かせます。
草丈は矮性種で30cmぐらい、高性種で1mぐらいまで育ちます。

開花時期は4月中旬〜6月にかけてですが、 
品種を選び促成栽培をおこなうと、冬に花を楽しむことも可能です。


Antirrhinum majus (1).jpg
春の花壇や庭に映えます


■キンギョソウが育たない理由は?

1.水はけが悪かった場合
まず考えられる原因の一つが、水はけが悪かった場合です。
このケースは根が腐りやすく十分に育つ前に、
枯れてしまうことがあります。

2.根を傷めてしまった場合
また園芸店から購入した苗を植えつけた時に、
知らない間に根を傷めてしまうケースも考えられます。

特に矮性種の場合、生長する前の苗に花がついてしまい、
その後の生育が思うように進まないケースがあります。

3、病気にかかってしまった場合
下の葉が黄色くなってから、だんだん上の葉も症状が進むのは
萎凋病にかかってしまったシグナルです。

ナス科などの植物と連作するとかかりやすい病気です。
菌が土の中の根から入り込むため、一度かかってしまうと
防御する方法がありません。

4.肥料が足りない場合
窒素分やリン酸の栄養が不足すると、元気がなくなります。
キンギョソウは花の期間が長いので、
月1回ペースで緩効性化成肥料を追肥として与えます。

 カテゴリ
 タグ

クンシランの植えかえのコツ

CliviaA (2).jpg
クンシラン、植えかえてあげると、とても元気になります


クンシランは漢字で君子蘭と表記しますが、
蘭の仲間ではなく、ヒガンバナ科に属します。

開花時期は3月〜4月です。
豪華な花姿は人目を惹きやすく、
大型の鉢花として広く愛好者がいます。

一般的にクンシランと呼ばれるものは、
ミニアータ種(ウケザキクンシラン)から品種改良されました。

クンシランを親にする系統からは、
高性広葉系、ダルマ系、斑入り系と分類されています。


CliviaA (4).jpg
タイミングと土と水やりがポイントです


■クンシランの植えかえのコツ

1.植えかえのタイミングを良く
クンシランは鉢の中で根がいっぱいになると、
水はけが悪くなり、生育に影響が出ます。

植えかえは2年に1回のペースで行う必要があります。
時期は花が終わり、新芽が出る直前の4月後半が適しています。

植えかえをする数日前から水やりを控え、
根の水分を減らしてやわらかくしておきます。
これは間違って根を折ってしまわないようにするためです。

2.植えかえの方法
まず咲き終わった花芽をつけ根から切り取ります。
株は鉢からそのまま抜き取り、根を切らないように注意します。

根についた古い土をていねいに落とし、
傷んでしまった黒い根は切り取り、枯れてしまった下葉も処理します。

根の整理が終わってか、今まで植えていた鉢よりも、
ひと周り大きなサイズの鉢を用意し、新しい用土で覆って植えかえます。

3.クンシランに適した用土で
用土は市販のクンシラン用の培養土が一番簡単です。
自分で土を作る場合は、赤玉土の中粒5、腐葉土3、
日向砂または軽石2の割合で混ぜます。

クンシランは根が太い植物です。
小粒の土は適していないので、使わないようにします。


kunsiran.jpg
このように植え替えるとみんなご機嫌です


4、水やりのコツ
鉢の真ん中に株を収め、根の間に用土を詰めていきます。
だいたい終わったかなというタイミングで、
竹箸などを使ってさらに詰めていきます。

植え込み終了後はたっぷりと水を与えます。
半日陰で管理し、鉢土の表面が十分に乾いたことを確認してから、
水を与えるようにします。
 カテゴリ
 タグ


管理人=fuji 栽培生活19年♪
栽培に関する悩み、困ったことなど、どうぞご質問ください。
園芸仲間も多いので微力ですがお答えしてまいります。

〒メール
カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • 無料SEO

JRANK人気ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング
@With 人気Webランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
@With 人気Webランキング
ファイブ ブログランキング
アクセスアップ.NET
0574 Web Site Ranking
相互リンク