marigolds.jpg
マリーゴールドのぽんぽん咲きも人気です


マリーゴールドは春にタネをまき、夏から秋に花を楽しみ、
冬が来るまでに枯れてしまう一年草です。

マリーゴールドの名前は同じキク科でも別属の植物
「キンセンカ(カレンデュラ)」に対する呼び名です。

原産地はメキシコを中心とした中南米で、
日本には江戸時代前半に渡来したと言われています。

花色は、オレンジと黄色、またはその混合色が多いです。
咲き方は一重、八重、クラウン咲き、カーネーション咲きなど
種類も豊富で、草姿も20cm〜2mぐらいまでと品種によって違います。


marigolds (1).jpg
マリーゴールドの斑入りもかわいらしい


マリーゴールドタネまき育て方コツ

1.タネをまく時のコツと注意点
マリーゴールドの発芽温度は15度〜20度です。
春先では朝晩の気温が低い時があるので
4月中旬〜5月上旬が適しています。

腐植質に富んで肥沃な用土を用意し、
ばらまき、あるいはすじまきをします。
5mmほど土をかぶせ、日なたで管理します。

土が乾いてしまうと発芽しなくなるので
水やりを切らさないように注意します。

2.発芽してから苗を丈夫に育てるコツ
タネをまいてから1週間ぐらいで発芽するので、
日当たりをよくし、水やりは控えめにして根を張らせます。

本葉が2枚ぐらい開いたタイミングで
割り箸を使って苗を取りだし、鉢上げをします。

3号ポットを用意し、用土は草花用培養土を使います。
1鉢に3得株ほどを植え、ひなたで育てます。

移植後10日ぐらいたったってから、
1週間に一回ペースで液体肥料を与えます。

1か月ぐらいすると1〜2輪花が咲き始めた頃が
定植のタイミングです。
日がよく当たるコンテナや花壇に植えます。
 カテゴリ
 タグ