野菜カ行のカテゴリ記事一覧

花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。 困った、どうしたら?のお役立ち情報を。

 スポンサードリンク

カテゴリ:野菜カ行

野菜カ行のカテゴリ記事一覧。花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。困った、どうしたら?のお役立ち情報を。
カリフラワーの育て方|寒冷紗で防虫と暑さ対策を

2015-02-19 野菜カ行
プランターでも、驚くほど美味しいカリフラワーができましたカリフラワーの食べる部分は花のつぼみにあたります。白からクリーム色が一般的ですが、最近では紫やオレンジ…

記事を読む

カボチャ うどん粉病対策は?

2014-06-12 野菜カ行
病斑が出ていますカボチャは、栽培が難しそうなイメージがありますが、実は初級者でも育てやすく挑戦できる野菜です。緑黄色野菜の代表でもあるカボチャはビタミンを多く…

記事を読む

ゴーヤ 発芽しない原因は?

2014-03-26 野菜カ行
発芽に関しては、少し難しいです夏の代表的な野菜のひとつとしてあげられるゴーヤ(ニガウリ)。ゴーヤチャンプルなどの沖縄の食べ物によく使われていますので、沖縄だけ…

記事を読む

カリフラワーの育て方|寒冷紗で防虫と暑さ対策を

Cauliflower (5).JPG
プランターでも、驚くほど美味しいカリフラワーができました


カリフラワーの食べる部分は花のつぼみにあたります。

白からクリーム色が一般的ですが、
最近では紫やオレンジなどの品種も出回っています。

   
arrow46-011.gif栽培のポイント
1.過湿に弱いので、水はけの良い場所で栽培します
2.気温が高い時期は害虫の被害防止にトンネルがけをします
3.花蕾が付いたら、外葉でくるんで日光を防ぐと白くなります 


植え付け後70日程度で収穫できる早生種のスノークラウンが、
耐病性もあってつくりやすく、花蕾も締まってきれいでお勧めです。

また、植え付けから収穫まで85日ほどかかりますが、
スノーニューダイヤも、栽培が簡単で、
花蕾の品質も良く、お勧め品種です。

最近では、花蕾に色が付いているタイプも人気です。
オレンジ色のオレンジブーケや、紫色のバイオレットクイーン、
淡いグリーンの遠州みどりなどがあります。

他にも花蕾が幾何学的な配置になっている、
ロマネスコという品種もあります。


Broccolo Romanesco.jpg
ロマネスコ、不思議な形です


■栽培管理

春まきと秋まきができますが、
暑い時期には害虫が付きやすく、
秋まきの方が育てやすいです。

・タネまきと育苗
カリフラワーは20℃前後の冷涼な気候を好みます。

苗の段階では高温に強いのですが、
蕾が大きくなる時期には暑さに弱くなるため、
蕾の肥大期が夏にかからないよう、春か秋に栽培を行います。

春まきは2月中旬、
秋まきは7月中旬〜8月中旬がタネまき適期です。

ポリポットに用土を入れ、タネをまきます。
春まきの場合は暖かい場所で管理します。

・植え付け
春まきは3月中旬、秋まきは8月、本葉5〜6枚の頃に定植します。

1u当たり3kgの堆肥をすき込み、よく耕したら、
高さ5〜10cmの畝を立て、株間50cmで植え付けます。

・追肥と中耕
定植後2週間たったら、株間にぼかし肥または鶏ふんを、
一掴みずつ追肥し、中耕します。

さらに10日後、2回目の追肥と中耕を行います。


■収穫

春まきは5月中旬〜6月中旬、秋まきは11月中旬〜12月中旬頃、
定植から80〜85日程度で収穫できます。

直径15cmくらいに成ったら、外葉を5〜6枚付けて、
花蕾の下を切って収穫します。

採り遅れると表面がザラついたり、
花蕾の間に隙間が出来たりして味が落ちるので注意します。

株の中心に花蕾ができたころから、葉を折ってのせたり、
外葉を結んで保護してあげると、
直射日光や霜で花蕾が傷んで黄ばむのを防ぎ、
真っ白な花蕾が収穫できます。

ただし、カラー品種は、
花蕾を日光に当てることでより鮮やかになりますので、
外葉で覆うことはしません。

大きな花蕾を収穫するためには、
花蕾ができるまでに株を大きく育てるのがポイントです。


■病害虫

アオムシやヨトウムシの被害にあいやすいので、
見つけ次第捕殺します。

特に、9月に入るとシンクイムシが寄ってきますが、
シンクイムシは生長点である芯を食べてしまうので要注意です。
生長点を食べられてしまうと、それ以上生長しません。

害虫予防に寒冷紗でトンネルをかけると良いでしょう。

秋まきの場合は、7月中旬〜8月中旬にタネをまくため、
高温対策にもなります。

過湿になると黒腐病になりやすくなるので、
水はけの悪い土壌では高畝にするなどして、水はけを良くします。
 カテゴリ
 タグ

カボチャ うどん粉病対策は?

kabotya.jpg
病斑が出ています


カボチャは、栽培が難しそうなイメージがありますが、
実は初級者でも育てやすく挑戦できる野菜です。

緑黄色野菜の代表でもあるカボチャはビタミンを多く含み栄養満点。
あのホクホク感が、とてもおいしいですね。


■カボチャ うどん粉病対策は?

カボチャは比較的、病気にかかりにくい野菜だと言われています。
栽培する側にとってはとてもありがたいですよね。

しかし、病気にかかりにくいカボチャと言われていても、
必ずというほどかかってしまう病気が「うどん粉病」です。

キュウリ、イチゴ、トマト、バラ、麦類もかかりやすいので、
対策を覚えておきましょう。


kabotya-05bc9-thumbnail2.jpg
良いカボチャが採れますように


1.うどん粉病の特徴
葉に白い粉を振りかけたようにカビがつき、それが濃くなり、
うどん粉を全体にまぶしたような状態になる病気です。

特徴的な症状ですので初心者でも容易に発見できます。
果実の肥大が始まるころによく発生します。

4月から10月にかけてが発生しやすく、
17℃〜25℃がうどん粉病の適温となり、
その範囲外になると自然治癒することもあります。

葉全体に広がってしまうと光合成が妨げられますので、
葉は元気がなくなりやがて枯れ始めます。

こうなると生長が妨げられ、実が大きくなりきれずに、
おいしくないものになってしまいます。

おいしいカボチャを作るには、
葉が収穫期までしっかりと残っている、
ということが大きなポイントとなります。

2.うどん粉病の対策
うどん粉病を発見した場合は、
まずは症状がでた葉っぱのみを取り除いて様子をみます。

しばらくしても広がっていくようでしたら、
木酢液を水で薄めたものを一週間おきに散布してみましょう。

それでもダメな場合は市販の薬剤を散布します。
うどん粉病が広がり続けるとすべての株が枯れてしまう恐れがあります。
様子をみながら適切な処置をすることが大切です。

3.うどん粉病の予防のために
・チッ素肥料は少なめにします
・乾燥させないようにしましょう
・予防として薄めた酢などを散布すると発症しにくくなります
・排水をよくして根の環境を健全に保ちます
・株と株の間をとり、風通しがよくなるように植えます
・連作を避けましょう

初心者のときは病気を見ると、どうすれば良いかわからず、
捨ててしまおうとされるかたがいらっしゃいますが、
治る病気もありますのであせらずに適切な処置をしましょう。
 カテゴリ
 タグ

ゴーヤ 発芽しない原因は?

nigauri20(1).jpg
発芽に関しては、少し難しいです


夏の代表的な野菜のひとつとしてあげられるゴーヤ(ニガウリ)。
ゴーヤチャンプルなどの沖縄の食べ物によく使われていますので、
沖縄だけの野菜と思われがちですが、今や全国で人気があります。

栄養価も高く、生活習慣病の予防としても効果的なゴーヤ。
グリーンカーテンにもなりますし、菜園栽培もお勧めの野菜です。


apple20goya-thumbnail2.jpg
近年、人気のアップルゴーヤ


■ゴーヤ発芽しない原因は?

ゴーヤ(ニガウリ)は、
比較的育てやすい野菜とされていますが、
もともと発芽率が低いのも特徴です。

◎発芽をしにくい原因
・タネが厚い種皮で囲まれている

・適温に達しておらず気温が低すぎる

・ゴーヤのタネを浸している水が多すぎる

・ゴーヤのタネの先端を切りすぎている

ゴーヤのタネの発芽に適した温度はだいたい25〜30度。
この温度に達していない場合は発芽率が大幅に下がります。

また浸している水が多すぎるとカビの原因になったり、
腐ったりしてしまいますので、注意が必要です。

発芽を促すために先端に切り目を入れますが、
切り過ぎてしまうと発芽しません。


goya.jpg
タネは前年のゴーヤの実からも採れます


◎対策
発芽さえ乗り越えてしまえば、その後の栽培は楽な野菜です。
摘芯と追肥で、実もたくさん収穫できますので、
まずは発芽をさせるためのポイントをしっかり抑えましょう。

・種皮が硬いのでヤスリなどで、
タネの尖ったほうにキズをつけて吸水しやすくする

・一晩、30度くらいのぬるま湯につけておく

・畑に直まきする場合は気温が十分上がった時期(6月頃)にまく

・ポリポットにタネをまき、室内で温度をコントロールする

・数苗であれば、市販の接ぎ木苗を使う

タネを水にひたすときは、
受け皿に脱脂綿などを敷きタネが水平になるように置いて、
水の量はタネの上面が顔を出す程度にしておきます。

また気温がとても重要になります。
早まきなどをしてしまうと温度が足りず大幅に発芽率が下がります。

ポリポットにタネをまく場合、ヒーターの近くに置いておいたり、
ビニール袋に入れておいたりすると一定の温度を保てますので、
まだ寒い時期、でも発芽率が高くなります。

■関連記事
・ゴーヤの雌花が咲かない理由は?
 カテゴリ
 タグ


管理人=fuji 栽培生活19年♪
栽培に関する悩み、困ったことなど、どうぞご質問ください。
園芸仲間も多いので微力ですがお答えしてまいります。

〒メール
カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • 無料SEO

JRANK人気ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング
@With 人気Webランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
@With 人気Webランキング
ファイブ ブログランキング
アクセスアップ.NET
0574 Web Site Ranking
相互リンク