花 ラ行のカテゴリ記事一覧

花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。 困った、どうしたら?のお役立ち情報を。

 スポンサードリンク

カテゴリ:花 ラ行

花 ラ行のカテゴリ記事一覧。花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。困った、どうしたら?のお役立ち情報を。
ラベンダー 挿し木の時期は?

2014-01-08 花 ラ行
自宅で育てたラベンダーは、ハーブティーにして楽しむことができます。寝る前にラベンダーティーを飲むと、寝付きが良くなる、眠りが深くなるなど、ストレス軽減に大きく…

記事を読む

リナリアの庭植えのコツ

2013-02-18 花 ラ行
height="451" border="0" align="" alt="Linaria (2).jpg" />リナリア、近くで見ても素敵ですリナリアはゴマノハグサ科の一年草です。キンギョソウに似た小さな花を咲…

記事を読む

リナリアが倒れる理由は?

2013-02-17 花 ラ行
属名リナリアLinariaは、ギリシャ語のアマの意味を持っています。品種は多く、1〜2年草、多年草、半低木があります。原産地は南アフリカで、日本には明治末期に渡来し…

記事を読む

リナリアをタネから育てるコツ

2013-02-16 花 ラ行
リナリアは、ゴマノハグサ科ウンラン属の一年草、または多年草で北半球の温帯に生息しています。金魚のような形の小さな花が花茎にそって数多く咲きます。この花姿から和…

記事を読む

ルドベキアの栽培方法

2012-07-03 花 ラ行
ルドベキアはキク科で多年草ですが、ルドベキア・ヒルダのように一年草扱いしている園芸品種もあります。ルドベキアの名前の由来はスウェーデンの植物学者ルドべックとそ…

記事を読む

ラベンダー 挿し木の時期は?

Lavandula (3).jpg


自宅で育てたラベンダーは、ハーブティーにして楽しむことができます。
寝る前にラベンダーティーを飲むと、寝付きが良くなる、
眠りが深くなるなど、ストレス軽減に大きく役立ちます。

乾燥させたラベンダーと熱湯さえあれば、気軽に楽しめるので、
ラベンダーを育てつつ、取り入れてみてはいかがでしょうか?

また、入浴剤として使用するのもおすすめの方法です。
この風習は、古代ローマの時代からあったとも言われています。

ラベンダーの花を浴槽に入れるだけの簡単入浴剤ですが、
ゴージャスで、とても気持ちが良く疲れも取れます。

ただし、通経作用があることから、
妊娠中の女性にはおすすめできないです。


Lavandula (2).jpg
自分で増やしたラベンダーはかわいらしいです


■ラベンダー 挿し木の方法と時期は?

1.お気に入りの品種を見つける
ラベンダーは非常に多くの系統、品種のある草花です。
そのため、まずは、いろいろなラベンダーを育ててみて、
お気に入りのラベンダーを見つけてみてください。

アロマなどに役立てたい人は、香りの強いものを、
香りが苦手で、草姿を楽しみたい人は、香りの少ないものをなど、
あなたのお気に入りラベンダーを見つけましょう。

2.挿し木の時期は?
ラベンダーの挿し木は、4〜7月初めと、9〜11月の2回が適期になります。
4〜7月初めの場合は、切り戻して切った枝を使用します。
9〜11月の挿し木の場合は、花のあとに伸びて元気な枝を使用して行います。

真夏の高温期は、株が弱って発根しにくいことが多いです。
涼しい環境でしたら、夏でも挿し木ができます。


Lavandula (1).jpg
このくらいに育ったら肥料を与えましょう


3.挿し木の方法
枝は、約10センチ〜15センチほどの長さにカットします。
そのうち、下半分は葉もとり、1時間ほど水あげを行います。

その後、鹿沼土など単一用土などにさして、半日陰の場所で管理します。
大体の目安は、4号ポットあたり約7本程度です。
約1ヶ月で発根します。

ポットの底を見て、根が見えてくるようになったら、
半日陰から、日当たりの良い場所にだんだんと移し、
肥料を与えて管理します。
 カテゴリ
 タグ

リナリアの庭植えのコツ

Linaria (2).jpg
リナリア、近くで見ても素敵です


リナリアはゴマノハグサ科の一年草です。
キンギョソウに似た小さな花を咲かせるので
和名はヒメキンギョソウと呼ばれています。

原産地は南アフリカ、ヨーロッパです。
寒さには比較的強い方ですが、
霜よけを準備すると安心して冬を越すことができます。

園芸用として一般的に広まっているのは、
「リナリアマロッカナ」と呼ばれている品種です。

水はけがよい場所なら、日なたでも半日陰でも
栽培が可能な植物です。


Linaria (1).jpg
群生させたりほかの春の花と育てるのもきれいです


■リナリアの上手な庭植え

1.リナリアの性質は?
リナリアは、自然環境に自生する野生の花として
よく利用されるほど、丈夫な花です。

花の形はキンギョソウにそっくりです。
繊細な花姿が風に吹かれると、
自然の美しさを際立ててくれる趣きがあります。

ただし、1株、2株と単体ではなく、
集合体で鑑賞することをおすすめします。
少数の株を鉢植えで栽培しても、
あまり見栄えがよくなりません。

2.広いスペースで群植がおすすめ
理想的な環境はリナリアのタネをたくさんまき、
広い空間に群植してみましょう。

リナリアは鉢植えよりもグランドカバーとして育てる方が、
この花の特徴を生かした栽培につながります。

また他の春の花と寄せ植えをしても上手くなじむため、
広く大勢の人から支持を受けています。

コンテナ栽培をおこなう時は、中心に何株かリナリアを植え、
周りに草丈の低いスイートアリッサムや
クリサンセマムなどを配置するとバランスがよい形に仕上がります。
 カテゴリ
 タグ

リナリアが倒れる理由は?

Linaria (2).jpg


属名リナリアLinariaは、ギリシャ語のアマの意味を持っています。
品種は多く、1〜2年草、多年草、半低木があります。

原産地は南アフリカで、日本には明治末期に渡来してきました。
花色は、ピンク、白、オレンジ、黄色、紫紅色、濃紫紅色などがあります。

水はけのよい場所を好むため、もともと砂地の場所が理想的です。
土を作る時は、赤玉土(小粒)6:腐葉土3:川砂1の割合で混ぜます。

背が高く伸び、横に倒れやすいので
ハンキング、寄せ植え、鉢植えにはあまり向いていません。


Linaria (3).jpg
和的な雰囲気もあるリナリア


■リナリアが倒れる理由は?

1.日照不足
リナリアは水はけと日当たりのよい場所を好みます。
室内で置く時も、窓辺など日ざしが当たる場所を選びます。

日照不足になると茎がヒョロヒョロと伸びてしまい、
元気がない株が育ってしまいます。

2.肥料の配合成分を確認します
元肥に窒素分が多い油かすなどを与えると、
茎や葉は軟弱になり、倒れやすく育ってしまいます。

一般的に元肥としては、リン酸、カリ、窒素を
同じ量含んだ化成肥料が適しています。

しかしリナリアには元肥は控えめにし、生長の様子を観察しながら
リン酸やカリを含んだ肥料を与えていきます。

茎が伸びて倒れそうになった時は、
すぐに支柱を立てて補助するようにします。

 カテゴリ
 タグ

リナリアをタネから育てるコツ

Linaria (4).jpg


リナリアは、ゴマノハグサ科ウンラン属の一年草、
または多年草で北半球の温帯に生息しています。

金魚のような形の小さな花が花茎にそって数多く咲きます。
この花姿から和名はヒメキンギョソウと呼ばれています。

リナリアの品種には、ビバルティタ、マロッカナ
プルプレア、レティクラタなどがあります。

繊細な茎や葉の草姿は、一見弱弱しく見えますが、
丈夫で発芽しやすい植物です。


Linaria (5).jpg


Linaria (1).jpg
近くで見ると、またかわいい♪


■リナリアをタネから育てるコツ
1.リナリアの一般的な品種はマロッカナ

リナリアの品種の中で一番出回っているのは、
モロッコが原産のマロッカナです。

園芸種のヒメキンギョソウはマロッカナのもとに
扱われることが多く、花は5月〜6月に咲きます。

こぼれたタネからでも芽を出し苗が育つので、
タネから育てるのは難しくありません。

2.タネをまく時期と管理方法
タネまきは9月〜10月ごろが適しています。
大変細いタネなので平鉢に手でとんとんたたきながら
均一になるよう、ていねいにばらまきします。

発芽後は立ち枯れ病にかからないよう、
少し乾かし気味に水の管理を行います。

3.植え替えのタイミング
本葉が3枚ぐらいになってきたら、10cm間隔で移植を行います。
さらに11月上旬ごろ本葉が触れ合うぐらいに生長したら、
プランターや日当たりのよい花檀に定植します。

冬、霜がおりる地域は簡単な霜よけを準備する必要があります。
しかし秋にタネをまくよりは、5月下旬ぐらいの春まきにして、
8月ごろに咲く花を楽しむ方が無難です。
 カテゴリ
 タグ

ルドベキアの栽培方法

Rudbeckia.jpg


ルドベキアはキク科で多年草ですが、
ルドベキア・ヒルダのように一年草扱いしている
園芸品種もあります。

ルドベキアの名前の由来は
スウェーデンの植物学者ルドべックと
その息子を記念して呼ばれている説があります。

和名のマツカサキクは、花芯がマツカサのように
立ちあがる姿から呼ばれるようになりました。

また別名のノギギクは、乃木将軍がイギリスから日本へ
持ち帰った歴史から呼ばれている名前です。


ルドベキア栽培方法

ルドベキアの園芸品種はどの種類も剛健で丈夫です。
日照りや暑さにも強いので真夏でも花を咲かせます。
夏花壇を楽しむのに適した草花です。
ルドベキアの株を花壇で楽しむコツをご紹介します。

1.株を用意する時期
ルドベキアは7月〜10月が開花時期です。
ホームセンターなどで花がついている株が
初夏に売り出すので、これを購入して植えるのが一番簡単です。

自分で苗を育てる場合は、
4月下旬〜5月にタネをまいて、苗を作ります。

>>ルドベキアのタネまきのしかたはこちら

2.植え付ける時の注意点
ルドベキアは日当たりと水はけのよい場所を好みます。
赤玉土(小〜中粒)7:腐葉土3の割合をまぜた用土を用意します。

堆肥は1uあたり3kgぐらいと、
元肥として100gぐらいの化成肥料を用土に施し、よく耕します。

大きな株に育つため、植え付け間隔は30cmぐらいあけます。
多湿から避けるため少し高植えに植え付けます。

3.定植後の手入れ方法
ルドベキアを定植後、花が咲き終わったら、
一度草丈の半分くらいを切り戻します。

一株当たり、スプーン一杯ぐらいの化成肥料を
株の周囲にまき、軽く土を耕します。
わき枝が生長して2回目の花を楽しむことが可能です。

 カテゴリ


管理人=fuji 栽培生活18年♪
栽培に関する悩み、困ったことなど、どうぞご質問ください。
園芸仲間も多いので微力ですがお答えしてまいります。

〒メール
カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • 無料SEO

JRANK人気ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング
@With 人気Webランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
@With 人気Webランキング
ファイブ ブログランキング
アクセスアップ.NET
0574 Web Site Ranking
相互リンク