栽培の基本のカテゴリ記事一覧

花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。 困った、どうしたら?のお役立ち情報を。

 スポンサードリンク

カテゴリ:栽培の基本

栽培の基本のカテゴリ記事一覧。花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。困った、どうしたら?のお役立ち情報を。
珍しい苗を入手したいときは?

2017-12-24 栽培の基本
ガーデニングを長いこと楽しんでいると、一般的なものだけではなく、珍しい苗も欲しくなってくるのが趣味の世界です。しかし、ガーデニングセンターや園芸店の商品は、市…

記事を読む

鉢花や苗を購入するコツ

2017-12-20 栽培の基本
シクラメンも良い鉢を選べると育てやすいです昔と比べて流通段階での品質管理も向上して、生産技術も日々進化しているので、市場経由で店頭に並ぶ商品に質の悪いものが並…

記事を読む

寄せ植えのコツ

2017-12-02 栽培の基本
冬の寄せ植え、ガーデンシクラメン、パンジー、キンギョソウとハーブ類*春までじゅうぶん楽しめます。花檀植え栽培は土をしっかりと作り込んでおけば、その後は特別な手…

記事を読む

花木の肥料の与え方

2017-12-01 栽培の基本
人気のバラ、ジュリア多年草、一年草、樹木など、それぞれに肥料の与え方が異なります。こちらでは、花木の施肥のポイントをご紹介しましょう。 ■なぜ肥料を与えるの?…

記事を読む

鉢花 冬の室内栽培のコツ

2017-11-26 栽培の基本
ポインセチア、意外と神経質です寒さに弱いですクリスマスやお正月を迎える冬の季節には、ポインセチア、シクラメン、シンビジウムなどあでやかな鉢花が店頭に並び、華や…

記事を読む

珍しい苗を入手したいときは?

nae.jpg


ガーデニングを長いこと楽しんでいると、
一般的なものだけではなく、
珍しい苗も欲しくなってくるのが趣味の世界です。

しかし、ガーデニングセンターや園芸店の商品は、
市場経由で入荷されることが多いので、
ほとんど似たような種類になってしまいます。


■生産者組合主催のガーデニングセンター

地方に多いケースですが、生産者組合主催のガーデニングセンターなどは、
品ぞろえが豊富で、思わぬ種類の苗を見つけることが可能です。 


また独自のルートで生産者から仕入れをしている場合もあるので、
近くの園芸店よりも値段が安い苗を売っている時もあります。

目新しい苗を探したい時は、草花・鉢花コーナーだけではなく、
山野草やグランドカバーのコーナーを覗いてみると、
寄せ植えに適した珍しい植物が見つかることもあります。


■有名な園芸種苗会社の直売所

もっと珍しい苗を探している時は、
有名な種苗会社の直売所へ足を運ぶ方法があります。


種苗会社によって力を入れている分野が違います。
得意としている分野は数も豊富で、
オリジナル品種を入手することが可能になります。


tuhan.jpg
通信販売も質の良い苗を、ていねいに送ってくれるお店が多いです


■通信販売で購入する

直接自分の眼で確かめることが出来ませんが、
通信販売のカタログやパソコン経由で購入する方法もあります。 


ただし、猛暑の時は苗を輸送する時に
元気がなくなってしまうリスクを含んでいます。
通信販売会社によっては、クール便で送ってくれるところもあるので、
配送方法を確認してみましょう。
 カテゴリ
 タグ
 

鉢花や苗を購入するコツ

hatibana1.jpg
シクラメンも良い鉢を選べると育てやすいです


昔と比べて流通段階での品質管理も向上して、
生産技術も日々進化しているので、
市場経由で店頭に並ぶ商品に質の悪いものが
並ぶことは少なくなりました。

しかし選ぶとなるとチェックポイントが
いくつかあるのでまとめてみました。


■鉢花を選ぶポイント

初心者が選んでしまいがちな商品は、
花やつぼみがぎっしりと多い株です。

しかしこれは矮化剤などを使って、
たくさん、つけるように育てているケースが多く、
株にとって無理をして咲いていている状態なので、
日持ちがせず育てにくいです。

いちばん良いのは、購入したい品種の、
自然な状態を前もって知っていることです。


でも、なかなかそうはいきませんね。

まず葉色がよく、しっかりと茂っていて、
がっちりとしている株が良品です。

花がいくつか咲いていて、、
つぼみがちらほら見えているぐらいの方が、
これから根をしっかり地中に伸ばし、
元気に生長してくれるはずです。

また枝葉が間延びしているものは、
購入後長持ちしにこともあるので注意しましょう。


■ポット苗を選ぶポイント

ビニールポットで出回っている花苗を選ぶ時、
ついこれから育てる苗だからという意識が強いので、
お手ごろ価格な値段の商品を選んでしまう場合があります。

よい草姿に育つかどうかは苗の状態で、
ほとんど決まってしまいます。
鉢花よりもさらに注意深く選ぶ必要があります。

苗の選び方で一番大切なのは、
根がしっかりとポットの中で生長していることです。
苗の底まで根が回っているか見てみましょう。


そして地上に出ている茎がしっかりと太く、
下葉の節と節の間が狭く、芽が多い苗を選びます。


■花木苗を選ぶポイント

植物の種類にもよりますが、バラやツバキなどは
「接ぎ木苗」と「挿し木苗」の2種類があります。

初心者には「接ぎ木苗」で栽培することをお勧めします。
理由は「接ぎ木苗の方が根がかなりしっかりしているので、
購入後の生育スピードがとても速いからです。

大きな「挿し木苗」の方が値段が安いので、
ついつい、選んでしまいがちですが、
「接ぎ木苗」を選ぶほうがその後の育ちが順調です。

また庭植え用に2年生程度の幼苗を購入した場合は、
一回り大きな鉢に移し替え、
もう一年根をしっかりと育ててから、
庭に植え込むようにします。

このようにすると庭に植えてからの定着率が何倍も良く、
乾燥などで枯らしてしまうケースが少なくなります。
 カテゴリ

寄せ植えのコツ

yoseue-huyu.JPG
冬の寄せ植え、ガーデンシクラメン、パンジー、キンギョソウとハーブ類
*春までじゅうぶん楽しめます。


花檀植え栽培は土をしっかりと作り込んでおけば、
その後は特別な手入れを行わなくても株は元気に育ち、
花も次々と咲いてくれる環境を整えやすいです。

しかし、鉢やプランターは根が伸びるスペースに限りがあります。
株が元気良く育ち、花を長く楽しむためには、
花壇植えよりもある程度まめな手入れが必要になってきます。


yoseuejpg.jpg
年末から春まで楽しめる寄せ植え


A.jpg
ペンタスとマリーゴールドのプランター植え


■鉢やプランターの寄せ植えのコツ

1.肥料ぎれに注意する
鉢やプランターを使って長く栽培していると肥料ぎれを起こします。
1か月ぐらいに1回置き肥えをしたり、1週間に1回のペースで、
追肥を行うことを忘れないようにします。


2.花がら摘みをまめに行う
花が咲き終わったら、すぐに花がら摘みを行います。
理由は枯れた花をそのまま放置しておくと見栄えが悪いこと、
灰色かび病などが発生しやすくなるからだけではなく、
一番の目的はタネを作らせないためです。

特に花の期間が長い一年草(マリーゴールドやパンジーなど)は、
実を作ると株が衰え、花のできが悪くなります。

花がら摘みのコツは、傷んだ花弁を摘むだけではなく、
タネができる子房ごと、こまめに摘み取ることです。


3.根詰まりに注意する
大きなプランターを使っている栽培はまず大丈夫ですが、
鉢を使っている場合は、生育がよい植物だと
根詰まりを起こす場合があります。
ハイビスカスやガーベラはその代表的な鉢花です。

根詰まりを起こしているサインは、下葉が黄色く枯れたり、
水切れがはげしくなってきた状態です。

この場合は早目に、一回り大きなサイズの鉢に植え替えを行うと、
長い間花を楽しむことが可能になります。

[寄せ植え] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ

花木の肥料の与え方

Julia's Rose.jpg
人気のバラ、ジュリア

多年草、一年草、樹木など、それぞれに肥料の与え方が異なります。
こちらでは、花木の施肥のポイントをご紹介しましょう。 



■なぜ肥料を与えるの?

一年草は花が咲いてから実をつけるまでに
すべてのエネルギーを使ってから枯れます。

よって肥料が足りなくなると株が弱ったり、
花の観賞を長期間楽しむことができなくなります。

しかし多年草は一年草と比べて、
花や実をつけるためにエネルギーを消耗しません。

花が終わってからも生育しつづけるので、
一年草よりは、肥料切れに注意する必要はありません。

樹木も多年草と同じように、よほど土がやせていなければ、
肥料を与えなくても普通に生育してくれます。

しかし色鮮やかで花数も多い花木を鑑賞を楽しむためには、
肥料管理が重要になってきます。


kangoe (1).jpg

kangoe.jpg
庭植えでも鉢植えでも寒肥は大切です


■寒肥とは?

植物の種類によって、同品種でも成木あるいは苗、
地植えか鉢植えなど、環境によって肥料の与え方は変わってきます。

庭木が春先の勢いよく生長するよう、
冬の休眠期間中に与える肥料を「寒肥」(かんごえ・かんぴ)と呼んでいます。

12月〜翌年2月ごろに肥料を与えると、有機質肥料はゆっくりと分解し、
根に負担をかけずに1〜2ヶ月ほど後に効きはじめます。

「寒肥」を与えたからといって春咲きの花にすぐ、
影響が出るわけではありません。


■花つきを良くするために

花木類の花つきをよくするためには、
肥料の3要素(リン酸、カリ分 窒素)を、
バランスよく配合した肥料が園芸店などで販売されています。

油かすは窒素分が多いので、骨粉を2割ほどたして与えると、
花や実の付きが悪くなるのを防ぎます。
 カテゴリ

鉢花 冬の室内栽培のコツ

poinsettiaA.jpg
ポインセチア、意外と神経質です寒さに弱いです


クリスマスやお正月を迎える冬の季節には、
ポインセチア、シクラメン、シンビジウムなど
あでやかな鉢花が店頭に並び、華やかな気分になります。

冬の鉢花の上手な室内栽培の方法をご紹介します。

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ


管理人=fuji 栽培生活19年♪
栽培に関する悩み、困ったことなど、どうぞご質問ください。
園芸仲間も多いので微力ですがお答えしてまいります。

〒メール
カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • 無料SEO

JRANK人気ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング
@With 人気Webランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
@With 人気Webランキング
ファイブ ブログランキング
アクセスアップ.NET
0574 Web Site Ranking
相互リンク