花 果樹 野菜 栽培 Q&A

花や果樹、野菜の栽培は、疑問や悩みも多いです。 困った、どうしたら?のお役立ち情報を。

 スポンサードリンク

記事一覧

野菜苗 選び方は?

2018-03-03 栽培の基本
野菜苗を選ぶポイント苗から野菜を育てる時、苗選びはとても重要な作業です。良い苗を選べば、収穫がより確かなものになります。ひ弱な苗を植え付けても、うまく育たなか…

記事を読む

カレープラント 冬

2018-02-16 ハーブ
カレープラントは、耐寒性の強いハーブなので、比較的冬越しは簡単にですただし、霜がおりてしまうと、根と株が傷むので、霜の被害にあわないよう、気を付けて管理する必…

記事を読む

オリーブ 鉢植え栽培のコツ

2018-01-25 果樹ア行
鉢植えで結実させるのは、少し難しいです庭植えでは5m以上にもなるオリーブ、その美しい姿と実を鉢植えで楽しむコツをお伝えします。■オリーブ 鉢植え栽培のコツオリー…

記事を読む

野菜苗 選び方は?

yoinae.jpg
野菜苗を選ぶポイント


苗から野菜を育てる時、苗選びはとても重要な作業です。
良い苗を選べば、収穫がより確かなものになります。

ひ弱な苗を植え付けても、うまく育たなかったり、
途中で病気にかかったりしてしまうことが多いです。

しっかりとした元気な苗を植え付けることで、
きちんと育って収穫することができます。

苗を選ぶ際のいくつかのポイントを覚えて、
元気な苗を選んでくださいね。

パッと見て、美味しそうな苗が良い苗です!


nae (1).JPG
ピーマンのポット苗


■野菜 苗の選び方は?

1.葉の色が濃く厚みがある
どの野菜の苗も、葉色が濃いものを選ぶようにします。
葉色が薄いものは、暗い場所や環境の悪い場所で育苗されたり、
病気にかかっている可能性があります。

また、葉が大きく厚みのあるものほど元気が良いので、
できるだけ状態の良いものを選びましょう。
双葉が残っているものも、良い苗の特徴です。

2.節間が詰まり茎が太い
節と節の間が詰まっているものを選ぶようにします。
間延びしている苗は、貧弱に育っている可能性があります。
徒長しておらず、どっしりとした苗を選びましょう。

茎がひょろひょろと細いものは避けるようにします。
特に、トマトやナスなどの果菜類は、
茎の太さが鉛筆よりも太いものを選ぶようにしましょう。
軟弱に育った苗は、病気や害虫に侵されやすいことがあります。

3.病害虫がない
新芽や葉の裏、茎などに害虫がいないかをよく確認しておきます。
また、葉に斑点や変色があったり、カビが付着している時は、
病気にすでにかかっている可能性があります。

病害虫に侵された苗は、植え付けてもそのまま枯れることや、
うまく育たないことがあるので避けるようにしましょう。

4.根張りがしっかりしている
株を軽くゆすってみて、ぐらぐらするものは避けましょう。
ぐらぐらするものは、うまく根が張れていない可能性があります。
根の弱いものは、植え付けた後の生育も弱いことが多いため、できるだけ避けましょう。

5.根の色が白く健康
苗の入っているポットの底を見てみると、穴があいています。
その穴から白い根が見えているのが一番良い状態です。

根が見えていなくても、株自体がぐらつかなければ問題はありません。
ただし、穴から出ている根が長く伸びすぎていたり、
茶色く変色しているものは避けるようにします。


nae (2).JPG
夏野菜は、トマトやスイカはつぼみや花、ピーマン系なら実がついているものが良いです


◎苗の大きさは?
大きく育っているからといって良い苗とは限りません。
それぞれの野菜に、植え付けに適した苗の育ち具合があります。

特にキュウリやスイカなどのつる物の場合は、
本葉が何枚の頃という目安があるので、
それよりも大きく育ったものは避けたほうが安心です。

◎苗を買う時期は?
野菜の苗も、植え付ける適期があります。
特に夏野菜の場合は、寒さに弱いものが多く、
早く植え付けてしまうと遅霜や冷たい風に当たり枯れることがあります。

ホームセンターなどでは、植え付けの適期よりも、
早く苗が並び始めることがあります。

植え付けた後に、防寒対策を行わないのであれば、
植え付け適期に入ってから苗を購入するようにします。

◎接ぎ木苗とは?
トマトやキュウリなど、連作を嫌う野菜は多いです。
接ぎ木苗を植え付けることで、連作障害を軽減させることができます。

接ぎ木苗は通常の苗よりも少し値段が高いですが、
その分病気に強く、育てやすいメリットがあります。

初心者のかたや、数本を植え付ける場合は、接ぎ木苗がおすすめです。

>>夏野菜苗 植え付け時期
スポンサードリンク

カレープラント 冬

  •  投稿日:2018-02-16
  •  カテゴリ:ハーブ
curry20plant.jpg
カレープラントは、耐寒性の強いハーブなので、
比較的冬越しは簡単にです


ただし、霜がおりてしまうと、根と株が傷むので、
霜の被害にあわないよう、気を付けて管理する必要があります。


■カレープラントの冬越し

比較的暖かい冬や、暖かい地域の場合は、
落ち葉をかけてあげる程度で冬越しができます。


寒い地域では、強い霜がおりると一晩で株が傷んでしまいます。

1.寒い地域の場合
寒害にあわないためにも、厳しい寒さが予想できる土地では、
秋ごろから、冬越しの準備をはじめます。

秋になったら、カリ分の多い草木灰を施し、
水やりはやや少なめにしていきます。

こう育てることで、葉の中の糖分濃度が高まり根が強くなります。
霜に強い株を、冬前に作り上げておくことが大切です。 


2.切り戻しは?
10月中旬頃になったら、切り戻しを行っておきます。
これもまた、冬越しの準備作業として、とても大切です。

切り戻しは、約5センチ程度を目安とします。
脇芽の上で切り戻し、ある程度新芽が伸びてきた頃に、
本格的な冬を迎えられるようにしましょう。

3.特に寒い地域の場合
厳寒地では、一度、カレープラントを掘り起こして、鉢に植え替えます。
その後、発泡スチロールの箱を用意し、その中へ鉢ごと入れます。 


良く日の当たるところで管理すれば、
冬越しに失敗することは、ほとんどなくなります。

少し暖かくなったら、カレープラントの枯れた枝を切り取り、
今度は枝葉を伸ばせるよう、窒素分の高い肥料を与えます。


Curry plant.jpg
カレープラントの苗


>>カレープラントの育て方|蒸れないよう風通しよく管理
スポンサードリンク
 カテゴリ

オリーブ 鉢植え栽培のコツ

Olive (6).jpg
鉢植えで結実させるのは、少し難しいです


庭植えでは5m以上にもなるオリーブ、
その美しい姿と実を鉢植えで楽しむコツをお伝えします。


■オリーブ 鉢植え栽培のコツ

オリーブは鉢植えでも育てることができ、
実を収穫することもできます。

鉢植えにすると気候に合わせて移動できるので、
寒冷地で育てることもできます。

1.植え付け時期は?
オリーブの植え付けは、3月〜5月中旬が適しています。
苗が休眠から目覚めて根が活動を始める時期だからです。


この時期になると園芸店でもオリーブの苗をよく見かけるようになります。
良い苗が見つかったら、できるだけ早く鉢に植え替えましょう。


Olive (2).jpg
まずは、苗木選びからスタートです


2.苗木の選び方は?
オリーブは実を付けるまでに4〜5年かかります。

そのため、早く実を収穫したいときには、
3年生以上の大きめの苗を選びましょう。 


品質が確かである苗を求めるには、
信用ある園芸店で苗に品種名が付いている苗を選びましょう。

太い枝がしっかりと伸び、
葉の色が濃く生き生きしているものを選びます。

節間のバランスが整っているか、
根がしっかりと張っているかも確認したいポイントです。

3.鉢に植え付ける方法は?
植えてあるものより2回りほど大きな鉢に、
培養土、鉢底ネットと石を用意します。


鉢底にネットを敷き、鉢底石を2pほど敷き詰めます。
鉢に苗を置いて、土を入れる位置を決め、土を入れます。

ポットから苗を外します。
根が回っている時は少しほぐして先を切ります。

鉢の中央に苗を置き、
上から2pの高さまでしっかりと土を敷き詰めます。
支柱を立て、苗木と紐で8の字に結びます。

たっぷりと水やりをして完了です。


Olive-sasiki (3).JPG
挿し木で苗を増やしておくと安心です


4.栽培管理のコツは?
オリーブの鉢は日当たりが良く風通しの良い場所に置きます。
水切れに注意し、土が乾いたらたっぷりと水をやります。 


3月と6月と10月に鉢のふちに顆粒タイプの肥料を置きます。
肥料は、三要素等量の緩効性化成肥料や有機肥料が良いでしょう。

●品種、剪定、増やし方などより詳しい情報は、
>>オリーブ 鉢植えの育て方
スポンサードリンク
 カテゴリ
 タグ


管理人=fuji 栽培生活19年♪
栽培に関する悩み、困ったことなど、どうぞご質問ください。
園芸仲間も多いので微力ですがお答えしてまいります。

〒メール
カテゴリ
最近の記事


リンク集
検索ボックス
 
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

  • SEOブログパーツ

seo great banner

  • 無料SEO

JRANK人気ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!
ブログランキング
@With 人気Webランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PVランキング
@With 人気Webランキング
ファイブ ブログランキング
アクセスアップ.NET
0574 Web Site Ranking
相互リンク